やまでらクリニック 武蔵野市,三鷹, 心療内科,精神科,月経前不快気分障害

月経前不快気分障害

月経前不快気分障害(Premenstrual Dysphoric Disorder:PMDD)は月経前の数日前から不快な気分や身体の症状が始まり月経が始まると数日で改善してきます。月経前症候群(PMS)より精神症状が顕著なのが特徴です。米国精神医学会の診断基準(DSM-5、日本語訳医学書院一部改訂)では抑うつ障害群としてあげられています。
具体的にはほとんどの月経周期において、月経開始前最終週に少なくとも5つの症状が認められ、月経開始数日以内に出現し、月経終了後の週には最小限になるか消失します。
症状として以下のうちのひとつ以上又はそれ以上あることが挙げられます。

  • 著しい感情の不安定性
  • 著しいいらだたしさ、怒り、または対人関係における摩擦の増加
  • 著しい抑うつ気分、絶望感、または自己批判的な思考
  • 著しい不安、緊張、および、または高ぶっていることやいらだっているという感覚

さらには以下症状のうちのひとつまたはそれ以上が存在し、以上の症状とあわせて、症状が5つ以上あることが必要とされています。

  • 通常の活動の興味の減退
  • 集中困難の自覚
  • 倦怠感、易疲労、または気力の著しい欠如
  • 食欲の著しい変化、過食、または特定の食物への渇望
  • 過眠または不眠
  • 圧倒される、または制御不能という感じ
  • 他の身体症状、例えば、乳房の圧痛の感覚、または腫脹、関節痛または筋肉痛、膨らんでいる感覚、
  • 体重増加

 以上の症状は先行する1年間のほとんどの月経周期で認められていることが必要とされています。
治療としてしては、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)や、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)が用いられていますが、漢方薬も効果が期待されます。