やまでらクリニック 武蔵野市,三鷹, 心療内科,精神科,睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査と治療

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に、10秒以上の呼吸停止や、それに近い状態が、1時間に5回以上ある状態を、睡眠時無呼吸症候群といいます。覚醒している時には、気道(のど)周囲の筋肉の緊張が保たれており、無呼吸になることはありませんが、眠ってしまうと緊張がなくなり、閉塞して無呼吸になってします。狭くなった気道を通して努力呼吸が続けられます。その結果、低酸素状態で苦しくなると覚醒反応が起こります。覚醒すると、気道周囲の筋肉の緊張がもどるので呼吸が再開します。いびきは、睡眠中に気道が狭くなって、空気が通る時にのどが振動してそのため音がする状態で、大きないびきは睡眠時無呼吸症候群の存在を疑わせます。このため、口呼吸をするため、起床時に口内は乾燥します。睡眠時無呼吸症候群は、頻回に覚醒反応が起こると睡眠障害となるため、起床時の頭重感や倦怠感、日中の眠気などが認められます。
睡眠時無呼吸症候群を治療しないと、肥満、高血圧、高脂血症、不整脈、多血症、虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病、動脈硬化性疾患などが起こるリスクが高まります。
 

睡眠時無呼吸症候群の検査

夜間睡眠ポリソムノグラフィ(PSG)検査とは、病院の検査室で、脳波、眼球運動、オトガイ筋の筋電図による睡眠ステージを測定しながら、鼻からの呼吸、腹部からの呼吸、指での血中酸素濃度(SpO2)、体動、睡眠時の姿勢、いびきなどから、睡眠時無呼吸症候群の診断を行います。睡眠時無呼吸症候群の診断には、入院してPSG検査を行なうことが望ましいですが、最近、携帯型の簡便な装置(アプノモニター)を用いて家庭で検査を行なう場合も一般的になってきました。これは、睡眠時無呼吸症候群のスクーリニングに主に用います。かなりの重症の場合にはこれによって睡眠時無呼吸症候群と診断して、治療をしてもよいことになっていますが、軽症や中等度では信頼性が低いために、きちんとしたPSGによる検査が必要とされています。結果の判定は、アメリカなどでは、睡眠障害の専門医(日本では日本睡眠学会認定医等)が行うことになっています。
 

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

軽度の睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時にマウスピース(口腔内装具)を装着しますが、重症になると睡眠時に経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous Positive Airway Pressureの頭文字をとって、CPAP(シーパップ)療法と呼ばれます)を用います。CPAP療法の原理は、無呼吸になるとセンサーがそれを感じ、寝ている間の無呼吸を防ぐためにCPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。